高分子

基本特性

可塑剤や溶剤の溶解-アルファベット順

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 他にもありますがプラスチック類を溶解させる場合、SP値が近い程溶しやすく、SP値が離れていると溶解しないため、プラスチッ...
基本特性

可塑剤や溶剤の溶解パラメータ(SP値)

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 他にもありますがプラスチック類を溶解させる場合、SP値が近い程溶しやすく、SP値が離れていると溶解しないため、プラスチックの...
基本特性

Q-e値

Q-e値は、ビニルモノマーの反応性・極性の尺度となる値。 グレード Ⅰ:アクリル酸、アクリロニトリル、ブタジエン、メチルアクリレート、メタクリロニトリル、メタクリル酸メチル Ⅱ:ビニルモノマー 備考 r=k11/k12 ...
基本特性

高分子の溶解・膨潤

代表的な高分子を溶解または膨潤させる溶剤を選択するための定量的な表です。 ] ] 高分子(ポリマー)の溶解・膨潤一覧表(代表ポリマー) Amazon.co.jp ウィジェット
基本特性

水素結合/分子の結合強さ

原子化熱および解離エネルギーの値を用いて、化合物1モルが原子から生成するときの反応熱または生成熱を計算することが出来る)。 このエネルギーは分子中の結合の総和である。 単結合 (kJ/mol) 水素結合 (kJ/mol) ...
基本特性

ポリマーアロイの組合せ

ポリマーアロイとは? 異なる特性を有する二種類以上のポリマーを混合して、分子レベルでの複合して得られる多成分高分子材料である。 ポリマーアロイの属性 非相溶性系(相図のほとんど部分が相溶せずに混合している状態) ブ...
基本特性

プラスチック・ゴムのガス透過性

単位:CC(STP)/cm2/mm/sec/cm・Hg×10^10
基本特性

可塑剤や溶剤の溶解-溶解度パラメータ数値順

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 他にもありますがプラスチック類を溶解させる場合、SP値が近い程溶しやすく、SP値が離れていると溶解しないため、プラスチックの...
基本特性

ホモポリマー・樹脂の溶解パラメータ(SP値)

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 プラスチック類を混合する場合、SP値が近い程相溶性が良く、SP値が離れていると上手く混合出来なくなります。 ] ...
タイトルとURLをコピーしました