基本特性

基本特性

水素結合/分子の結合強さ

原子化熱および解離エネルギーの値を用いて、化合物1モルが原子から生成するときの反応熱または生成熱を計算することが出来る)。 このエネルギーは分子中の結合の総和である。 単結合 (kJ/mol) 水素結合 (kJ/mol) ...
基本特性

高分子の溶解・膨潤

代表的な高分子を溶解または膨潤させる溶剤を選択するための定量的な表です。 ] ] 高分子(ポリマー)の溶解・膨潤一覧表(代表ポリマー) Amazon.co.jp ウィジェット
基本特性

充填材の用途別分類

プラスチックへ各種充填材を添加する目的は、増量、補強、各種機能性の付与などがある。
基本特性

エンジニアリングプラスチックの特性比較

凡例 ◎:優れている ○:良い △:あまり良くない ×:劣る 関連ページ:]
基本特性

酸化防止剤

安定剤・酸化防止剤の機能別種類 ]へ戻る 熱安定剤として使用される金属塩類 ]へ戻る
基本特性

造核剤

材料と適用される造核剤の種類 ]へ戻る ※] (PET) ※] (PP) ※](PA) ] ※] (PET) ※] (PP) ※](PA)
基本特性

可塑剤や溶剤の溶解パラメータ(SP値)

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 他にもありますがプラスチック類を溶解させる場合、SP値が近い程溶しやすく、SP値が離れていると溶解しないため、プラスチックの...
基本特性

潤滑剤

材料および適用される潤滑剤一覧
基本特性

汎用プラスチックの特性比較

凡例 ◎:優れている ○:良い △:あまり良くない ×:劣る 関連ページ:]
基本特性

ホモポリマー・樹脂の溶解パラメータ(SP値)

SP値は,Solubility Parameter(溶解度パラメータまたは溶解性パラメータ)のことです。 プラスチック類を混合する場合、SP値が近い程相溶性が良く、SP値が離れていると上手く混合出来なくなります。 ] ...
タイトルとURLをコピーしました